JUGEMテーマ:こころ

 

感受性が強い人って、どんな人だと思いますか?

人情に厚く、あたたかい心をもつ人?

人の些細な変化に気がつくことができ、心配りができる人?

 

今流にいえば「空気をよみやすい人」と表現できるのかもしれません。

 

私の周りにも、沢山の感受性豊かな方がいます。

いずれも、私にとって安心できる仲間たちです。

 

感受性の強い方は、ものごとの細かい部分まで感じとれるので、対人面において、

気疲れしたり、傷つきやすいといった、敏感さを持ち合わせている人ともいえるでしょう。

 

 

他者に対するアンテナが高すぎるために、感情移入しやすく、相手の問題を自分の事のように感じすぎたり、

相手を優先してばかりで、自分を大事にできなかった経験もあるかもしれません。

 

 

でも、あなたの持つその特性は宝物でもあるのです。

 

小さなことで傷つくその心は、どんな些細なものにでも感動出来る純粋さも持ち合わせています。

それは、どんな時でも、どこにいても自分の心を豊かにすることができる力です。

また、あなたの高い共感力は、周囲の人に幸せな気持ちをもたらすでしょう。

 

 

では、感受性の豊かさという宝物を活かしていくためには、どうしたらよいのでしょうか?

それは、

「相手に感じる感情を、自分に戻す」事です。

例えば

「この人怒ってる?」「迷惑なのかな?」と感じた時、

そっくりそのまま、

「私は今、この人が怒っているのかな〜?って感じてるな」

「私は今、この人が迷惑じゃないのかな?って感じてるな」と

今、自分が感じている事を眺めてみればいいのです。

 

 

そうすることで、自分の感情と他者の感情をわけることができます。

 

相手が、どう感じているか結局は、相手しかわからない、あくまでも自分の推測でしかないのです。

投影とも言われる、自分の心を映し出すことによって感じるものでもありますが、

感受性の高さが引き起こすことと言えるかもしれません。

 

まずは

「自分の思いと相手の思いに線を引くこと」が大切です。

 

自分が、ただそう感じているのだな、ということです。

その思いに良い悪いもなく、ただそう感じているのだね、と自分の思いを、その場に置いておくのです。

 

 

ここで注意したいのは、例えば

「この人怒ってる?」って感じている時、

「また、こんなこと気にしてる・・私ってダメだな」等と押し込まないこと。

 

あくまでも今、私が感じていることは、良いも悪いもないのです。

そこに、解釈や判断をいれるから苦しくなるのです。

ただただ、自分に起こる感情や記憶や感覚と共にいる練習をします。

 

 

これは、マインドフルネス瞑想や、気づきの練習によって、

自分と他者との間に起ることを、区別できるようになることで、楽になっていきます。

 

さらに、ありのままの自分を感じられる強さと、心地よさが手に入り、

無駄な苦しみが少なくなり、いざ!という時に、本来の力を発揮できるようになっていくでしょう。

 

 

JUGEMテーマ:恋愛/結婚

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:それでも続く日々……の中で。

 

 

女性は、もともと「受け取る」という、素晴らしいプレゼントを与えられています。

 

身体的にも、女性は「受け取る」男性は「与える」という構造上の違いがあります.

男女の違いは、もともと性質の異なるものなのですね.

 

実際に、女性は、パートナーから愛されていないのでは?と感じることが多いようです.

 

受け取ることが下手だと、愛されていても、それに気づけないので、もっと愛してほしい

という欲求が、加速することになります.

 

受け取るのが苦手な方は,

自分の力で、何とかしようと頑張ってきた人、とも言えるでしょう。

 

だから、他者に、助けを求めたり、甘える事が苦手かもしれません。

幼少時から、親が忙しく、甘える事ができなかったり、人に迷惑をかけてはいけないと、

自立ポジションでいる事を求められ、本音を言えなかったり、

自分が助ける役に回る事で、家族をまとめていたり。

実際に、SOSを出しても、相手にされなかったり、怒られたり・・・

 

様々な経験の中で、思いは、ひっそりと、心の奥に追いやられたのかもしれません。

 

相手からしてもらったことを素直に受け取れない、喜べない根底には無価値観があります。

 

こんな私はダメだから・・・という思いです。

 

それは反面、相手の困りごとには敏感で、相手の問題を、そのまま引き受けたり、

Noと、はっきり断る事ができなかったりと、他者ペースに巻き込まれやすくなります。

 

そして、与える事ばかりが当たり前になると、

次第に、与えられない自分を責めたり嘆いたりもします。

苦しさを自分で作っていく状態です

 

受けとる、与える。

 

これは、キャッチボールのようなもので、どちらが大きいからいい、というものでもありません。

 

他者に与える事は素晴らしいことである、と思われがちですが、

与える事で得られる喜びは、相手が、それに反応してくれなかったとしても、

それをする自分が好きだから、また与えたくなる。

これが本当の喜びでしょう。

 

そこには、無理はありません。

 

他者の反応を見て、自分を評価するという駆け引きが、苦しさを生み出します。

 

 

〜受け取るには練習が必要です〜

 

意識して真剣に、まっすぐ受け取りましょう。

してもらったこと、言われたことを、そのまま受け取る。

 

手伝ってくれたことに「ありがとう」と言う。

褒めてもらったことに「ありがとう」と言う。

そこには判断や解釈は必要ありません。

 

それは、相手の存在そのものを受け取ることに、繋がっています。

 

相手も、受け取ってもらえる安心感と満足で、また与えたくなります。

受け取ることは、相手の愛を受け取ることなのです。

 

どんなに些細な事でも「ありがとう」って受け取ってみる。

愛を受ける喜びを自分に許すと、女性としての器が満たされていきます。

それは、同時に、相手を包み込むという力を発揮してもいるのです。

 

 

傷ついた女性たちが、愛を受け取ることを自分に許すことで、

「愛されたい」から「愛してみたい」という次のステージが現れてくると感じます。

 

 

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:それでも続く日々……の中で。

 

以前は、切り傷や擦り傷などの処置は、消毒薬で患部を消毒し、抗生剤入りの軟膏をつけ、

その上にガーゼを当てて・・・という方法が一般的でした。

 

現在は(状態にもよりますが)消毒をせず、患部を水道水で十分に洗い流し、

被覆材で乾燥しないように、創を保護する方法に変化してきました。

 

「もともと備わる自然治癒力を促すこと」に注目された治療ですが、

 

 

邪魔をしない、そこにとどまる、待つこと、共にいること。

これって、

カウンセリングやセラピーと通じるものがあるな〜と私は感じます。

 

 

カウンセリングやセラピーを受けていくと、様々な記憶や、感情や思いが溢れてくることがあります。

今まで、意識される事のなかった、私の中の少し深い部分に触れる体験です。

 

 

 

傷の処置の話に戻ると、この方法を試した方なら、おわかりかと思いますが、

治癒の過程の中で、浸出液が出て、何だかジュクジュクして、ちっとも治っていかないような、

むしろ悪くなっているようにも感じて、心配になったり焦ったりする時期があります。

ここが、カウンセリングの途中で、おこるものと似ているように、私は感じます。

 

 

でも、この浸出液には、

組織に入った細菌を、やっつける免疫細胞や、壊れた組織を治すために新しい組織を生み出す細胞など、

傷が治るのに必要な成分が沢山入っています。

 

 

その力を信用して、待つことが必要な時期があるのです。

一見、良くならないと思われる、その時期を、やり過ごす時間です。

 

 

とはいえ、良くならない・・という焦りから、従来の方法に戻したくもなります。

長年、親しんだ方法を用いることの安心感です。

 

 

生きていれば、辛いことは、直ぐにでも手放したいと願うのは当たり前、

少しでも早く、効率よく、楽になりたいですもの。

痛いのは嫌、苦しいのは皆、辛いです。

 

 

でも「元に戻る力」は、目には見えないけれど、

停滞していると思われる状況の中でも、じわじわと修復に向かって働いているのです。

 

 

だから、辛さと敢えている、のが必要な時期は、必ずあるのだと思います。

自分の取り扱い方法を、自分が知るために、この過程は、とても大切なところです。

 

 

自分を持つ力を信用してみる、試してみる、任せてみるという時期ともいえるでしょうか。

何かをしなければ・・・から、何もせず身を任せてみる感覚。

 

 

この時期は、自分に起っていることを観察し続けること。

そして、生きている細胞を乾燥させて死なせぬよう、

浸出液の力を十分に発揮できるような、環境を与えることが必要になります。

 

 

それは、食事や、睡眠・運動・休養だったり、

見たり、聞いたり、触れたり、嗅いだり、味わったり、の五感を使ってみたり、

同じように傷が治らず不安を抱える他者や、今は少し先を行く他者との関わりであったり、

その中で、新たな気づきが生まれてくることがあります。

 

 

浸出液は、誰もが持っているものです。

いつの間にか、自然に傷を治せる、皆に平等に与えられた贈り物です。

 

 

それを自分が受けとっていく、そんな感覚を取り戻す時間を、ご一緒させていただければと思います。

 

 

JUGEMテーマ:恋愛/結婚

 

恋愛がうまくいかないと感じる方や、

相手との関係性が、深まれば深まるほど苦しくなる、と感じる方に気づいて欲しいことがあります.

 

大好きな人だからこそ、自分だけを見て欲しいし、関心を持ち続けて欲しいし、

自分の思う通りに愛されたい、と願うのは人間の持つ欲求だと思います。

でも、それが強くなりすぎると人は、苦しくなります。

 

嫌な感情ばかりが大きくなると、自分を愛してくれる、理解してくれる相手だと思ったのに、

逆に自分を振り回して苦しめる、悪者のように感じてきたりして・・・

何だか訳が、わからなくなりますよね。笑

 

そんな時は、相手に求めてばかりの自分に気づく事です。

自分の思う通りに愛されたい、という欲求は誰にもありますが、この「思う通り」というのが曲者です。

 

だって、テレパシーでもない限り、自分の気持ちや欲求は相手には伝わりません。

相手に伝える事をしないのに、わかってもらいたいなんて・・・

 

そもそも、あなたは、相手に何をわかってほしいのでしょう?

 

私が、こんなに苦しんでるのに?こんなに好きなのに?不安で仕方ないのに?

 

それは、赤ちゃんの欲求に似ていると感じます。

赤ちゃんは言葉を発することができないので、欲求や不快を泣くことで伝えます。

自分では、どうすることもできないので、助けてほしい!してほしい!事を、

ぐずったり泣くことで伝え、安心や快を得ようとします。

 

あなたが、ぐずったり、泣いたり、怒りをぶつける時は、どんな時でしょう?

苦しくて、悲しくて、辛くなる時、私の何に気づいてほしいのですか?どうしてほしいのでしょう?

あなたに何が起こっているのでしょうか?

 

自分の苦しさに気づくのは、とても辛いことでもあります。

無意識にしまわれた、自分の過去からやってくるものでもあるからです。

でも、それは、あなたの一部。

ずっとあなたを守ってきたものでもあるのです。

だから、敵ではないのです。

 

「私をわかってくれない」という相手から受ける苦しみは、

あなたが、あなたに気づいて欲しいサインなのです。

あなたが繰り返してきた、その方法を、そろそろ手放す時がやってきているのかもしれません。


 

そこに触れていくためには、日常生活から少し離れた時間、安心できる場や人が必要になります。

私は、セラピーを通して、そのお手伝いをさせていただけることを願っています。

 

まだ見ぬ自由なあなたに出会うための第1歩、始めてみませんか?


 

 


 

JUGEMテーマ:こころ

 

日本では、乳幼児の夜泣きや、かんしゃくは、

体の中にいる「疳の虫」が、悪さをするからだ、という言い伝えがありました。

 

実際に、現在でも虫封じのおまじないや、祈祷をする、お寺や神社もあるようです。

 

あくまでも、困りごとの原因は「虫がいる」事であり、虫によって夜泣きや癇癪などの問題がおこっているという考えです。

だから、それを退治すれば問題は解決するということですね。

 

まさしく、これ、問題の外在化と言えるのではないでしょうか?

 

外在化とは、問題を当事者から切り離し、対象化して問題解決のためにアプローチする方法です。

簡単に言えば、その人自身と問題を切り離すということです。

 

何かが原因で、その行為が起こったということなので、

本人を否定することのない、優しい方法ともいえますよね。

また、何が問題なのか?が焦点化されるので、解決方法も見つけやすくなります。

 

 

私達、多くの人は、何かと自分をつなげて考えてしまうことがよくあります。

 「○○で○○なダメな私」などです。

内面的な問題と、その問題が内在化されている状態です。

 

 

問題を問題としてとらえる事こそが問題で、本当は、人が問題ではなく、

問題となるものが問題だと気づくことができると、とても楽になれます。

 

また、焦点化されることで、具体的な解決方法がわかったりもします。

更に、問題と思われていたことは実は、問題ではなかった・・

という事に気づくこともあるかもしれません。

発達障碍を持つ子どもさんや、育てにくいと感じる、お子さんに対しても同じ事が言えると思います。

 

 

疳の虫のお話に戻ると、

成長していく過程で必要な虫であると知ることで、疳の虫を退治、することばかりでなく、

その虫と上手く付き合っていく術を身に着けることもできます。

 

子どものせいでもなく、親の育て方のせいでもない。

親自身が安心し、落ち着いて子育てに望むことが、子どもにも伝わり、

結果、安定していくという相乗効果を生み出すのです。

 

誰のせいにもしない、虫退治・・

実は深くて優しいセラピーともいえると感じます。

 

 

 

JUGEMテーマ:こころ

 

思春期の子ども達は、

親に「心配をかけたくない」「迷惑をかけたくない」と思っているようです。

 

親からしてみると、え〜??普段あんなに、わがままなのに??と思ったりもしますが、

実は子どもは子どもなりに、親には気を使っているようです。

そして、気をまわしすぎてもいるとも感じます。

 

1人で何とかするから大丈夫。これ以上、親には迷惑をかけたくない、という言葉が保健室でもよく聞かれました。

 

家庭という外から遮断された空間の中で日々起る出来事を、目の当たりすることで、

子どもなりに感じることのようです。

また、自立と依存の狭間にある時期、特有の課題ともいえるのかもしれません。

 

 

ただそこに「ありのままの私ではいけないのだ」という思いが見え隠れすることがあります。

 

○○ができない自分はダメな子

悪いのは自分

 

目に見える形、評価が愛される基準になりやすい現代、ありのままの自分を認めてもらえることで得られる、

安心感を持っている子どもが少ないように感じます。

 

 

少し時間を戻して、今よりもっと小さな子どもだった時期。

子どもが、生きていくためには、親や大人からの世話や愛情が必要です。

とはいえ、自分の要求が全て通らない事は当たり前にありますし、それを学ぶことで人は成長していきます。

 

問題になるのは、

子どもらしい、ふるまいをすることを禁止される、

甘えたい時に甘える事が許されない、

泣いたり怒ったりの感情を表出することを禁止される等、

自己の存在の否定につながるような、満たされない経験が継続する環境です。

 

その満たされない思いは、心の奥に、ひっそりとしまいこまれます。

 

何故なら、親に愛されないと感じることは、小さな子どもにとっては、

自己の生命の存続に関わる危険な状態であり、恐怖でもあるからです。

 

そこで、子どもは、恐怖を感じないために、自分に原因があるのだ自分が悪いのだ、

と思うようになります。

本当は、親の非情ともいえる言動に対して、怒りだってあるはずなのに・・・

 

親に向ける怒りを、自分自身に向けることで恐怖を感じないようにしたのかもしれません。

安全に安心に生きていく環境を作るためには、自分を悪者にする方が簡単だったからです。

 

それは自分を守る、何とも切ない方法ともいえるでしょう。

 

大人になっても無意識にしまいこまれたその思いは、人間関係の問題として現れてくることがあります。

 

相手から拒否され傷つく事を恐れるため、自分を偽り、他者の評価を気にしすぎてしまう等、

周囲に振り回される感覚を持ちやすく、疲れてしまいます。

 

そして、自分は何に困っているのか?何をしたいのか?がわからない、

自身の感情や感覚に鈍感な状態は、生きづらさを生みます。

 

更には、親と同じような深い愛着対象(恋人や夫、子どもなど)ができると、

抑えこまれていた、この部分が浮上してくることがあります。

 

 

私は・・・・

愛されていないのではないか?

見離されてしまうのではないか?

嫌われてしまうのではないか?

 

 

過去の恐怖を感じる出来事が再現されることで現れてくる、

相手に対する攻撃性、自分に対する攻撃性です。

 

 

「怒り」は、あなたに知ってもらいたい事を、気づかせるためにでてきます。

 

好ましくない感情の代表ともいえる「怒り」を大切に扱っていく事で、得られるものがあります。

 

それは、あなたが、これからの人生を、楽に生きるために繋がっている事なのです。

 

 

 

JUGEMテーマ:こころ

 

バイタルサインと言えば、医療や介護に関わる方には、わかる医療用語の1つ。

 

生命兆候を意味するもので、基本として4つの測定がある。

それは、呼吸、脈、血圧、体温。

 

今日は、その中の呼吸について書いてみようと思う。

 

 

気持を落ち着かせる時は、深呼吸をするとか、流行のマインドフルネス瞑想等

呼吸に意識を向ける方法を活用している方も多いかもしれない。

 

 

呼吸は、

吸って吐いてのワンセット。

 

寄せては返す波のようなもの。

 

 

それに、ただただ意識を向けていく。

 

普段は、無意識に行わる呼吸だが、敢えて意識化することで、

心を落ち着かせる方法の1つとなる。

 

 

 

私は、今、どんな呼吸をしているだろう?

今まで、患者さんの呼吸を観察することはあっても、自分の呼吸を感じることはなかった。笑

 

 

呼吸を観察することは、自分を観察すること。

自分の中で何が起こっているか?に気づく、始めの1歩ともいえる。

 

 

今、ここで起る一瞬の出来事としての呼吸。

空気を取り入れて吐き出すという、単調な繰り返し。

 

 

息を吐ききると、次は、自然に息を吸い込んでいることに気づくだろう。

 

 

新しい呼吸が始まり、それは、繰り返されていく。

 

 

 

「呼吸」は、生理的な機能、命の源でもある。

 

 

生まれたばかりの、赤ちゃんは、お腹の中での生活を終え、

産声をあげることで、自分の呼吸が始まる。

 

まさしく、この世に生まれた証明ともいえる。

 

 

 

自分の呼吸を意識することは、

「私は今、ここに、存在していること」を確認することでもある。

 

 

日常で起る様々な出来事、他者との関係性で起る問題や葛藤、

自分に起る感情に巻き込まれそうな時、

 

 

他者と自分を分ける方法として、

自分に立ち戻る方法として、

自分を助けてくれるものとして、

私を確認するものとして、

頼りになる有難いものだと感じる。

 

あなたは、今、どんな呼吸をしていますか?

マインドフルネス瞑想 呼吸 自分を助ける 今ここに戻る

 

 

 

 

JUGEMテーマ:こころ

 

瞑想をベースにプログラムされたマインドフルネス

色々な方法があるけれど、私がしているのは呼吸法。

 

呼吸に意識を向け、自分の内面で起きている事に気づく力を高めていくというもの。

科学的根拠もあり、欧米では医療、教育、企業分野で続々と取り入れられているストレス対策の1つ。

 

私たちは、心配しても仕方ない事を心配しすぎたり、すでに終わった過去を考えていたりと、

頭の中の思考に常に巻き込まれている状態でもある。

 

マインドフルネスとは「今、ここ」でおきていることを、感じ受け止めること。

 

それによって心は静かになり、不安や恐れから解放され、心にエネルギーがたまっていく。

 

自分の内面で起きている事に、気づく力が高まると、自分と思考や感情との間にスペースが空き、

今まで無意識に反応していた事を、自覚できるようになる。

 

しかし、実際に呼吸だけに集中するのは、最初は難しいことでもある。

 

雑念が沢山、頭をよぎる。

 

でも、それは当たり前、悪い事ではない。

 

 

雑念…雑念・・

湧いてくる雑念を消去しようとせず、ジャッジしない。

 

雑念は、川に流れゆく葉にたとえ、ただ、それを眺めるような感覚で。

そして、ただただ呼吸に意識を戻していく。
 

 

快も不快も必ず通りすぎる事。

巻き込まれずに「自分を俯瞰して見る」ようになれる練習なのだ。

 

 

少し離れた場所から自分を眺められることができるようになると、

未来や過去からのストレスは減り、心はフラットな状態にいられるので楽になる。

 

 

更に、その静けさを得る事で、自分の中にある、意識されなかった力や宝に、

触れていくことにも繋がる可能性がある。

 

 

良いも悪いも、感情は自分自身が作り出すもので、

それに、最初に影響される人は、自分なのだという気づきは、

自分の人生を生きていける、という、自由の始まりでもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい年が始まりました。

今年も皆様にとって幸多き年となりますよう、お祈りいたします。

 

   多くの出会いに恵まれる1年でありますように・・・

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

 

今までも、これからも・・・

人との出会いや関わりの中で、成長する力を皆、持っていると感じます。

 

人間関係で困りごとを抱えている方が多いと思われますが、人は「相手を通して自分を見ている」といわれます。

心理学的に言えば投影といわれる部分ですね。

 

 

たとえば、あなたが、苦手だと感じる人の特徴って決まっていませんか?

 

それは、「自分なら絶対しない!」 という、あなたの中の禁止事項に当てはまる人ではないですか?

 

無意識の中で自分が、諦めてきたり我慢してきたことを、平気でやっている相手だったりします。

それに苛立ちや嫌悪感を覚える場合があります。

 

成長する過程で、手放さざるおえなかったものを、いとも簡単にしている、ここに反応していたりします。

 

 

自分は、相手の何が苦手だと感じるのか?それはどうしてなのか?注意を向けてみてください。

 

 

「相手の言動で自分を知る」という、ちょっとした作業をすると、

自分が相手に映し出している「影」が見えてきたりします。

 

 

深く言えば、苦手な相手の部分は、実は自分にもある部分だけれど、認めたくないものでもあるのです。

それは、認めてしまったら生きていけない、恐ろしさであったかもしれません。

自分を守るために必要だったことかもしれないのです。でも、それは、まだ必要なことなのでしょうか?

 

それに気づくこと、

認める、許すまではいかなくてもいいのです。

仕方がないな〜と、少し居場所を作れるようになれると、相手との関係は自然に変化していくでしょう。

 

 

出会いは必然。

 

相手を通して自分を知ること、自分の成長のために、人との出会いがあるとするなら、

たとえ苦しい思いをした相手でも、いつか感謝できる事があるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

「香水をつけない女性に未来はない」というのは、ココ・シャネルの名言ですが、

私も、香水が大好きで、今まで沢山の香りを試してきました。

 

その中には、一瞬にして、過去の懐かしい思い出が蘇る、懐かしい香りもあります。

 

これは、プルースト効果といわれる、嗅覚への刺激が、過去の記憶を呼び起こす現象、として知られています。

 

私の場合、香水をつけないで外出するという日は、まず、ありません。

 

洋服を、コーディネートするように、その日の気分で香りをチョイスします。

 

時や場所、状況によって応じた香りを選ぶのは、もちろんの事、

種類(オードパルファン・オードトワレ・オーデコロン)や、つける場所を調整します。

 

ふとした時に、ふわっと香るお気に入りの香りで、リラックスしたり、安心感を得たり、パワーをもらったり・・

気持ちが上昇し、華やぎます。

 

香りは、自分に、そっと寄り添いながら導いてくれる、不思議な力を持ち、

自分を表現できるアイテムの1つだと感じます。

 

男性でも、女性でも、素敵な香りを、上手にまとっている方は、とても魅力的です。

 

香りの好みは人、様々ですが、人によって香りが変わるなんて、何だかワクワクしませんか?

 

年齢を重ねても、女性であることに誇りを持ち、

女性らしさを大切にできる自分の味方として、選んでみるのも楽しいですよ。

 

KIZASHIでは、なりたい自分と香りを繋ぐワークショップを企画していますので、チェックしていただけると嬉しいです。

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ジャッジしない生き方

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM