JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:それでも続く日々……の中で。

JUGEMテーマ:子育て

 

 

子育ては自分育て、と言われるけれど、

言い方を変えれば、

子どもを通して自分を知る、ことだと感じる。

 

 

知るとは、

自分に起こる感情や思いや、記憶などに気づいていくことでもある。

 

子どもといて、どんな時に、どんな感情が湧いてくるのか?

それを、ジャッジしている自分はいないか?

 

 

良い悪いは、他者との比較で起こりやすい。

その他大勢の子どもの中で、違い、という形で現れるもの。

 

 

うちの子、よその子、から見えてくること。

 

 

幼少期の心身の発達や、皆と同じ行動ができないとか。

言葉を借りれば、発達障碍だとか、不登校だとか・・

一般的な状態でない?ことについて、親は心配になる。

 

 

この子に何が起こっているのか?

寄り添って考えてあげたい反面、

 

どうして、この子はこうなのだろう?

と異質な者を見るような気にもなってくる。

 

 

私の育て方のせいなのか、環境のせいなのか・・・

頭の中で、ああだろうか?こうだろうか?と原因探しを始めてしまう。

 

それは、子どもと自分が一体化している時ともいえる。

 

 

困っているのは誰なのか?

どんなことに困りごとを抱えているのか?

 

 

子どもに起こっていることと、自分に起こっていることを分けることが大切。

 

 

違和感、苦しさ、怒り、悲しみ

子どもを通して、自分に起こることに気づくこと。

 

 

 

それは、辛いものに触れることになるかもしれない。

私の中に、ずっとあった未解決なものに触れてくる体験かもしれないからだ。

 

 

1人ではわからなかったこと。

気づかなかったこと。

 

それと少しづつ一緒にいられるようになれる時、

初めて、子どもに寄り添うことができるのだと思う。

 

 

子育てに、もともと成功も失敗もないはず。

「人を育てる」ことが、評価されてしまう世の中では安心は得られない。

親の孤立をますます仰いでしまうだろう。



自分を知るには、映し返すものが必要。

人が変化していくには、他者が必要なのだから。

 

 

自己の分身??

日々の生活を共にする者?

守るべき者?

愛する者?

 

 

私と子ども。

最も近い存在だけれど、私ではない者。

違うからこそ、理解したいと思う者。

 

相手を変えることなく、自分も刻まないで・・・

 

 

近ければ近いほど生まれてくる違和感を大切に扱っていくことは、

子どもにとっても母にとっても、お腹の中にいた頃の、

母との一体感を取り戻す過程でもある。

 

 

 


 

Related Entry
Comment





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ジャッジしない生き方

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM