悩みって、自分が変化するために時々、現れる課題みたいなものだと思います。

 

人間は、一生をかけて変化し成長するものだと思うので、一皮むけて、

また、新たな自分に出会える機会、時期が必ずあると感じます。

 

時間の経過や環境の変化によって、いつの間にか自然に解決していたり、

それ以前に悩んでる暇はない!!って方もいるかもしれませんが・・・

 

他にも、もう解決済と思っていたこと、成り行きで、何となくクリアしてきたけれど、

未解決だった自分の課題が、何かのきっかけでパターンとして現れてくることもあるでしょう。

 

根本的な自分の問題に気づかなければ、それは周囲の人が変わっても、環境が変わっても、

同じように、いつか困りごととして現れてくるでしょう。

それは、自分が自分に気づいてほしい!大事にしてほしい!というメッセージなのですから。

 

 

例えば相手に対する不満を、怒りとして表現してしまう場合。

 

恋人でも夫婦でも親子でも・・・

 

何故、自分は怒るのか?を考えた事がありますか?

 

まず、怒りの裏には、自分をわかってもらえていない!という気持があるのではないでしょうか?

「一生懸命やっているのに!!こんなに辛いのに!!大変なのに!!」って・・・

 

特に近しい間柄では「わかって当然でしょ!!」という、支配的な思いを持つこともあります。

 

こんな風に、わかってもらいたい!!という気持の奥には、何層もの思いや記憶があります。

 

 

「もっと自分を理解してほしい、優しい言葉をかけてほしい、構ってほしい、大切にしてほしい・・・」

そう・・

自分の思った通りに愛してほしい欲求です。

 

 

 

自分は怒りをぶつけて一体、何を得ようとしているのか?

本当の自分の気持ちに気づいてやること。

 

 

怒りを、ぶつける事では、根本的な解決にはなりません。

それどころか、その怒りのせいで大切な人を失ってしまう事になりかねません。

 

 

相手に解決策を求めてばかりでなく、自分の課題に気づいていく勇気を持つことは、

本物の幸せに近づくための、確実な方法の1つではないかと感じます。

 

JUGEMテーマ:こころ

 

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ジャッジしない生き方

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM