JUGEMテーマ:こころ

 

私が、好んで良く見るテレビ番組。

 

それは、衛星写真に写る、日本各地の人里離れた場所にある建物を、

実際に訪れて探していく、というアレだ。

(最近は、個人情報保護に対する疑問等、色々言われているようですが・・)

 

人里離れた山奥に、一体どんな家があるのだろう?

ほんとに人は住んでるの?空き家?

最初は、そんな好奇心から見始めた。

 

 

目的の場所に向かうため、まずは、最寄りの集落で聞き取り調査を行う。

人気番組の効果?か土地柄か、仕事中でも手を止めて、快く聞き取りに応じる人々。

中には、自分ではわからないから・・・と、別に詳しい方を呼んできたりもする。

更には、自ら案内役を買って出る方も多い。

そこには、ゆったりとした時間が流れている感覚がある。

 

 

たどり着くまでの道のりも、これまたハラハラさせられる。

舗装されていない曲がりくねった山道や、

対向車が来たら、どうしよう・・と心配になる位の細い道、

ガードレールもなく続く道の脇は、すぐ崖!!だったり、

道路には落石が転がっていたり、と

何しろ、とんでもない道を進んで行くのだ。

 

 

この時点で、すっかり自分が探検隊にでもなった気分。

ひやひや、ドキドキしながら、目的地を目指す。

 

 

困難を乗り越えて、ようやく到着!!

ホッとすると同時に、次は住人の確認だ。

せっかく訪ねても、実際には、空き家や廃墟だったりすることもある。

(個人的に廃墟、好きです。)

そんな時には、他のポツン・・を紹介してくれたりもして、

更なる目的地を目指して、また進んで行くことになる。

 

 

そんなこんなで、

ようやく、その家の主にお会いすることができた時は、こちらもホッと一安心。

さあ、ここからが本番!!

どんな人が、どのような理由でそこに暮らしているのか?

その人の生きてきた人生の物語に触れていく時間となる。

 

 

人それぞれ様々な物語があるが、

人里離れた場所での生活に、不便さと困難を抱えながらも、

生まれ育ったこの場を離れることをしない、

というより、

離れること自体考えられない、というのが皆さんの本音のようだ。

高齢になっても、子ども達が離れても、今は山を下りて暮らしていても、

その方にとっては、ただ生まれ育った場所にいるのが当たり前、ということのようだ。

 

 

誰かと一緒でも、誰かがいなくなっても、一人でも、

ただ生きていく。

 

 

それは、当たり前の日常、暮らしの風景でもある。

 

 

人生の物語を作るのはいつも自分。

 

 

傍から見れば、信じられない事であっても、

その人にとっては、特別なものでもない。

 

 

生きるということが、今のそのままあるだけ。

 

 

そのシンプルで自然な姿に、何故か、ふと懐かしさのようなものを感じたりもする。

本来、人間の持つ強さや逞しさにも触れる気がして、何だか元気になる。

 

 

 

たとえポツンと、であっても、大自然と人、人と人が繋がって、同じ時を生きている。

そんな自然な結びつきに心惹かれるから、つい見たくなってしまうのかもしれないな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:それでも続く日々……の中で。

 

♪何が正しいか知らない、何が楽しいか知ってる♩

こんな歌がありましたが・・・

 

他者の反応や評価ばかりを気にしたり、頭で考える日々を送る事が普通になると、

もともと備わっている気づく力、感じる力が鈍くなっていきます。

 

私は、何をしている時が楽しいか?気持ちが良いか?

時間を忘れて没頭できるか?毎日しても飽きない事は?

しばらく離れても、また始めている事は?

何か当てはまるもの、ありましたか?

 

 

そこに禁止や縛りは必要なく、それが何に結びつくとか、意味を見出さなくてもいいのです。

ただ単純に「自分が喜んでいる」という感覚を味わえること。

 

 

自分が喜ぶことなので、周りには理解されなくても当たり前。

むしろ、他者と違う自分を発見できるなんて素敵です。

 

 

本音を大事にできると、インスピレーションも冴えてきます。

自分を変えることではなく、

自然に湧いてくる心地よさを感じ、身を任せる体験をすることで、

先入観や、こだわりのない、本来持つ力が現れやすくなると感じます。

 

 

だから、

やりきってください、

感じきってください、

どうぞ、

楽しみ尽くしてください。

 

 

 

私は、SNSが苦手だ。

 

特にグループチャットの類。

グループは友人、職場、母親同士と色々。

 

複数のメンバーで、リアルタイムに質問や返事ができるから、とても便利な反面、

私にとっては結構、困ることもある。

 

まず、誰に言っているのか?がわかりにくい。

そして、文字のやり取りが続くことで現れる、暗黙の了解みたいなものがわからず、

戸惑ってしまうことも多い。(-_-;)

 

 

相手の表情が見えない分、

文字から微妙な意味合いや、発信者の意図を想像してしまうことに疲れてしまう。

1対1ならまだしも、複数となると更に難しさは倍増する。

 

 

1番困るのは、

自分が、どのタイミングで返事をしたらよいかが、わからないこと(´;ω;`)

 

迷っているその間にも、次々と入るメッセージ。

ピンポーン!ピンポーン!と通知音の嵐!!

 

わ〜〜

どこで入ろう?と軽い焦りを感じたりもする。

ん??

入るタイミングを見計らうこの感じは、

小学生の時の大縄跳びに似てる!!笑

 

 

そんな些細なこと?に、不自由さを感じる自分に気づく。

 

 

こんな風なので、子育てでも色々、悩むことが多かった。

特に、親同士の関係については気苦労も多かった。

 

 

周りが、何気なくできることが私にはできない、という劣等感が自分を苦しめていたこともあったし、

親はこうあるべき、という思い込みの強さがあったのだと思う。

それが、不安や孤立感を作っていた。

 

 

他者との比較で生まれる苦しさは、

自分の中にある、沢山の自分を知るきっかけだ。

そこに丁寧に光を当てていくことで、

それぞれ持つエネルギーが方向づけられて、本来の力を取り戻していける。

 

 

自分を苦しめるものは、私の1部分であって、私の全てではないことに気づいていく過程。

どれもが生かされて調和することによって、

自分の中心に位置する、堂々として慈しみに満ちた尊い存在を知ることになるだろう。

 

 

今日は成人の日。

子どもにとっては、親の庇護から離れ、

1人前の成人として権利を得られると同時に、義務を果たす責任が生じる。

親にとっては、子どもの成長や発達を通して、

自分を見つめる日でもあると思う。

 

 

これからも、子どもであることには変わりはないけれど、

同じ時を生きる仲間として、私なりに見守り続けていくね。

 

 

 

 

 

 

先日、久々に旅行してきました。

 

初めて訪れた山口県。

大自然に囲まれた歴史ある観光名所が豊富にあり、

食べ物やお土産、温泉等、何をとってもハズレなし。

見てよし、食して良し、買って良しの大満足な旅となりました。

 

 

今回、楽しみにしていた1つ、元乃隅神社

2015年にアメリカのテレビ局CNNが発表した「日本で最も美しい場所31」のひとつに選ばれた場所で、

海外から注目され人気がでたという神社です。

日本海を望む自然の中に、丘から海に向かって朱塗りの123本の鳥居が立ち並ぶ姿は絶景!!

まさしく、「映える〜↑↑」スポットでもあります。

更に面白いのは、この神社。

何と鳥居の上にお賽銭箱が設置されています!

賽銭箱の位置は5メートルの高さ。「日本一入れにくい賽銭箱」として有名だそうです。

また、賽銭箱の大きさも小さい!!

訪れた観光客が次々と賽銭の投げ入れに挑戦
(長門市ホームページから画像お借りしました。)

 

 

お賽銭は投げてはいけないって聞いていたので、驚いたけれど、

皆さん、お賽銭を空中に放って、もう必死でした。笑

でも案外、的中率高くて、それも驚きでしたけど。

上手く入れば周囲から拍手喝采!!

何とも、ほのぼのとした空気が流れていましたよ。

時間がなく、私は断念しましたが、その代わりに、鳥居のトンネルをくぐって、しっかりパワーいただいてきました!

 

鳥居のトンネルを抜けた先にある断崖は、竜宮の潮吹きといわれる場所。

波が洞に入り込むことで吹き上げる豪快な様子を、運が良ければ見られるようです。

 

 

角島大橋

本州と角島を結ぶ全長1780メートルの橋。

エメラルドグリーンの海に架かる橋は絶景。

奈良時代より天皇に献上されていたという、角島のわかめは肉厚で美味しかったです♡

 

 

 

萩の城下町

夏みかん

大正時代、当時の皇太子、後の昭和天皇が萩にお見えになった時、「この町には香水がまいてあるのか」と言われたとか。

香りのおもてなし、なんて何とも素敵ですよね。

また、夏みかんは、前年になった実を収穫しないでおくと、今年は今年の実がつき、同じ木に前年と今年の両方の実がつくそうです。その様子を、代々続くという意味で「夏代々」と名付けたとか。

物知りなバスガイドさんがお話してくれました。

 

 

 

秋芳洞

日本最大規模の大鍾乳洞。

長い年月をかけて、地下水などによって石灰岩が少しずつ溶かされ生まれる空間。

中は、1年を通して17℃で一定とか。

自然の力が生み出した芸術の数々ともいえる光景。

巌窟王

威厳のあるお姿。

 

地下世界の宮殿のよう。

 

異空間、まるで無意識の世界のようで、軽いトランス状態に。

 

 

 

秋吉台

国定公園に指定されている、石灰岩が拡がる広大な台地から望む雲海

 

 

錦帯橋

 

宇野千代さんの故郷、岩国市にある日本三名橋のひとつ。

木造の5つの橋が連なる構造で、中央の3つがアーチ状の美しい橋でした。

岩国寿司もおいしかったです。

次回は、岩国城と金子みすゞ記念館にも行ってみたいな。

 

温泉で定評のある長門市で、高級感ある温泉旅館やリゾートホテルを展開する企業が来年、オープンする施設があるようで、

これから、ますます注目を浴びることになりそうです。

 

個人的にも、住んでみたい都道府県ランクインの上位となった、魅力あふれる大満足な旅となりました。

 

 

 

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

 

11月。

日中の気温差はあるけれど、今年は、例年より暖かい日が多い。

 

もともと、秋は短い上に、ここの所の気象の変化によって、

夏から冬に急激に移ってしまう感が強かったので、

今年は、この短い季節を個人的に楽しんでいる。

 

 

そう・・・

今年は、上着の出番がなかなかやってこない。

 

アウターを何気に羽織る時期にはない、

曖昧な気温を楽しむための、コーディネートを考えるのが個人的に好きだ。

 

 

ワードローブの中から、何と何を組み合わせようか?から始まり、

甘めの物を、辛口のものと組み合わせたり、

盛りすぎ!と感じたら、ちょっと引いてみたり。

逆に、物足りなさを感じたら、足してみるとか・・

色や、小物や、アクセサリーで、

何を、どこに盛ろうか?引こうか?

考えるのが結構楽しいのだ。

 

 

この時間は、自分の感覚が全て。

俗にいう自己満足、というものだろうけど、

この、ああでもない、こうでもないの繰り返しが楽しい。

 

 

バランス、調和、センスとか言われるもの。

洋服は、ただ、私の身体を包むものだけれど、

私を表現するものの1つだと最近、気づくようになった。

 

 

気負わず楽でいたい時、

ピリリ!と引き締めていきたい時、

女性として楽しみたい時、

活動的に過ごしたい時、

 

更に、1つのシチュエーションでなく、

「相反することを、どちらも楽しみたい時」。

子育てをしながら、女性としての自分も楽しむような欲張り感が欲しくなる。

 

型に、役割に、はまり込むことのない、

力の抜き加減や、楽しみ方が、ファッションには現れると感じる。

 

 

また、年齢を重ね身体の変化と共に、選ぶものは変化するだろう。

 

 

今まで、似合わないと敬遠していたものが、しっくりくる瞬間。

形や、丈、色合い、素材。

それは、今までと違う、新たな自分の発見でもある。

 

 

その日、その場、相手によって、

どんな自分でいたいか?

を演じるための一種、コスプレ的な1つのアイテムでもある時期は超えて、

 

 

私の内面から自然に溢れることが、

ファッションを通して現れてくる。

 

そんな素敵な関係でいられれば嬉しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:恋愛/結婚

 

 

相手を知りたいと思う時は、まだ知らない(気づいていない)

自分を知る予感かもしれない。

 

 

相手を通して自分を知る。

 

苦手な人も、憧れの人も・・・

 

 

相手に映し出しているものは、

自分が抑えている認めたくないものだったり、

反面、

また発揮できていない魅力だったりもする。

 

 

他者に興味を持つことは、

自分に興味を持つことでもある。

 

 

愛の反対は無関心だ。と、マザーテレサは言ったけれど、

自分に起こっていることに、無関心を装うのは悲しい事だと思う。

 

 

私が繋がっていくこと。

 

その道のりは、けして平坦なものではない。

進んだり戻ったりを繰り返しながら、

いつの間にか楽になっている自分に気づいていく。

 

 

人間関係で繰り返してしまう癖のようなもの。

それは、相手が変わっても、また必ず出てきてしまう。

 

 

運命の人を捜しあてたところで、結局は一緒なのだと思う。

 

繰り返されることは、実は自分が繰り返しているのだから。

 

 

「気づいてほしい」「わかってほしい」

 

言えなかったこと、伝えられなかったこと。

それを言ったところで、無理だと諦めてしまったこと。

 

 

その思いは、ずっとずっと、心の奥にしまいこまれたまま、

表に出てくるのを待っている。

 

 

あの時、

私は何を言いたかったのだろう?

何を望んでいたのだろう?

何をしたかったのだろう?

 

怒りや、悲しみを引き起こす、その奥にあったもの。

そこに興味を持っていくこと。

 

触れられる機会がなかった代わりに、

感情や感覚を飲み込み、切り離して、

適応する技ばかりが磨かれてきたけれど、

それは、消えることなく今も残り続けている。

 

 

私を思い出していくこと。

それは、あなたが本来持つ力を取り戻すことでもあり、

愛を思い起こす尊い体験となっていくだろう。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:こころ

 

自分の変化に伴って、好ましいと感じる香りは変化するようです。

 

先日、以前から気になっていたショップへ行ってきました。

 

 

 

「あなたの鼻が主役のお店」

 

ストレートで刺激的な1文。

 

そうそう!!

 

香りを選ぶって、そういうことなの!

 

 

流行りだとか、万人受けするとか、

それはそれで良いし、それを求める時もあるけれど。

 

 

でも、どこかで、今までと違うもの。

今の、私にぴったりくる香りを求めたくなる時期がある。

 

それは、本当の自分に出会いたくなる感覚にも似ている。

 

表面的には、自分の精神状態や、おかれている環境、体調で香りが変化することもあるけれど、

本能を呼び起こすような香りに突然、出会ってしまうことだってある。

 

 

呼び起こされるもの

 

察知するもの

 

守るもの

 

拡がるもの

 

予感するもの

 

 

 

過去という記憶

 

未来という予知

 

そして、いま

 

 

自由に行き来できる秘薬ともいえる。

 

 

過去、私にとって香りは、癒しや力、演出としての位置にあったけれど、

そこにとどまらず、香りと融合する感覚の存在があることに驚きを与えてくれる。

 

香りが奏でる音、物語、色、温度のようなものと自分が一体化する。

 

 

どんな自分になりたいか?はもちろんのこと、

時には、

その香り、そのものになってしまいたい時。

そこには、日常を超えるという、スリリングな冒険の予感がある。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:それでも続く日々……の中で。

JUGEMテーマ:子育て

 

 

子育ては自分育て、と言われるけれど、

言い方を変えれば、

子どもを通して自分を知る、ことだと感じる。

 

 

知るとは、

自分に起こる感情や思いや、記憶などに気づいていくことでもある。

 

子どもといて、どんな時に、どんな感情が湧いてくるのか?

それを、ジャッジしている自分はいないか?

 

 

良い悪いは、他者との比較で起こりやすい。

その他大勢の子どもの中で、違い、という形で現れるもの。

 

 

うちの子、よその子、から見えてくること。

 

 

幼少期の心身の発達や、皆と同じ行動ができないとか。

言葉を借りれば、発達障碍だとか、不登校だとか・・

一般的な状態でない?ことについて、親は心配になる。

 

 

この子に何が起こっているのか?

寄り添って考えてあげたい反面、

 

どうして、この子はこうなのだろう?

と異質な者を見るような気にもなってくる。

 

 

私の育て方のせいなのか、環境のせいなのか・・・

頭の中で、ああだろうか?こうだろうか?と原因探しを始めてしまう。

 

それは、子どもと自分が一体化している時ともいえる。

 

 

困っているのは誰なのか?

どんなことに困りごとを抱えているのか?

 

 

子どもに起こっていることと、自分に起こっていることを分けることが大切。

 

 

違和感、苦しさ、怒り、悲しみ

子どもを通して、自分に起こることに気づくこと。

 

 

 

それは、辛いものに触れることになるかもしれない。

私の中に、ずっとあった未解決なものに触れてくる体験かもしれないからだ。

 

 

1人ではわからなかったこと。

気づかなかったこと。

 

それと少しづつ一緒にいられるようになれる時、

初めて、子どもに寄り添うことができるのだと思う。

 

 

子育てに、もともと成功も失敗もないはず。

「人を育てる」ことが、評価されてしまう世の中では安心は得られない。

親の孤立をますます仰いでしまうだろう。



自分を知るには、映し返すものが必要。

人が変化していくには、他者が必要なのだから。

 

 

自己の分身??

日々の生活を共にする者?

守るべき者?

愛する者?

 

 

私と子ども。

最も近い存在だけれど、私ではない者。

違うからこそ、理解したいと思う者。

 

相手を変えることなく、自分も刻まないで・・・

 

 

近ければ近いほど生まれてくる違和感を大切に扱っていくことは、

子どもにとっても母にとっても、お腹の中にいた頃の、

母との一体感を取り戻す過程でもある。

 

 

 


 

JUGEMテーマ:こころ

 

 

暑い 熱い〜

 

最近の身に起こる体調の変化を、この時期の理由にすることもあるけれど、

 

 

身体が重い〜〜

だるい〜眠い・・

 

 

それを感じつつも、これが聞こえてくると、自然に身体が動きだす。

 

 

上手い下手とか全然関係ない!

ただ、ただ踊る。

「身体を動かす」というより「身体が自然に動きだす」感じ。

それがまた楽しい↑↑

 

 

手、足、腰、肩、首、腕、指先、

感覚に身を任せて、身体の動きを楽しむ。

伸ばして、曲げて、回って、飛んで・・・

 

筋肉だけじゃなく、関節だって使ってるのがわかる。

とにかく全身を使って、全身で表現してみる。

 

 

心が柔軟になると、身体も自然に滑らかになるみたい。

 

 

凄いな〜~~

ダンスって。

 

 

「しなやかに」とは、全然言えない。

首だって回らないし、手も回せないよ〜〜泣

 

でも、それを楽しむ感じがまた楽しいのです。笑

 

 

私が素晴らしいなと感じるのは、1曲の中に、

動と静

攻める、受ける

強さ、しなやかさ

等、

まるで、女性性と男性性を、

全身を使って表現しているかのように感じるから。

 

相反するものが見事に表現されている、

その艶やかさに、魅力を感じているのかな?

 

 

ダンスは自己表現と言われるけれど、

自分の中にあるものを、身体を使って外に表現すること。

 

そして、

音との切っても切れない関係性。

 

 

私は、

そこに音楽があるから身体が動く、

ということに慣れているけれど、

身体の動きに伴って、心が開放されていく感じは、誰もが持っているのかもしれない。

 

それは、はるか昔、

ダンスは、神への祈りでもあったといわれることに、何か繋がりがあるのかもしれないな。

 

政治や感情の面での対立はあるけれど、関係をひとまとめにしないことが大切なのかなと・・

争いからは何も生まれないと感じながら、

争うからこそ生まれる「何か」を産み出せたらいいなとも思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:こころ

 

最近、

子どものころに読んでいた本の題名が、ふと浮かんだ。

 

1つ浮かぶと数冊、何となく題名を思い出し、無性に読みたくなった。

 

 

こんな時、現代は便利。

キーワードを入れて検索してみる。

 

すると・・・・・

 

あったあった!!

これこれ!!!!

 

早速、図書館で検索してみる。

 

読みたかった本は全てあって、予約もできた。

 

 

実際に本を、手に取ってみると、

長い歳月によって、痛みがかなり進んでいるものもあった。

 

 

変色し、ボロボロになったページを慎重にめくる。

数十年の時を経て、今ここで再会できたことに、

ひときわ嬉しさが増してくる。

 

 

 

初版発行年月日を見ると、不思議なことに大体、同じ頃だった。

その頃は、よく本を読んでいたことを思い出した。

 

 

本の内容は様々だけれど、いずれも、

学校や家庭を舞台に、ちょっとした事件をもとに、

登場人物である、友人、家族、先生、大人達との

人間関係を通して、主人公が変化し成長していくものだった。

 

 

大人にとっては、日常の些細な出来事。どこにでもありそうな。

でも、子どもにとっては、それが大事件であり、謎でもあり・・・

 

 

子どもの視点、子どもの世界にいながらも、

家庭と社会

私と他者

繰り広げられる当たり前の日常の中で、子どもながらに感じる迷いや葛藤。

そこを経て、成長していく姿に勇気をもらっていたのかもしれない。

 

 

 

本の中の子ども達は、当時の私に何を語りかけていたのだろう?

 

 

年季の入った古い本から、今、感じるもの。

あの頃の私。

 

 

子どもの私に帰ってみる。

あの頃、見ていたこと感じていたこと。

記憶を辿ってみる。

 

 

そこには、大人になってからは、感じることが鈍くなってしまった、

不思議なものに触れたくなる、好奇心や冒険心があった。

 

 

時間がたつのを忘れ、日が暮れるまで夢中になって遊んでいた、あの頃。

 

 

家に帰りたくなかった日、

そして、

お迎えが待ち遠しかった日。

 

 

 

全ては、もう思い出すことができないけれど、

大人になって随分経つ、今の私が、

読みかえす本から感じた、あの頃の私。

 

それは、愛おしさのようなもの。

 

思わず、声をかけたくなった。

 

 

大丈夫だよ。

きっと、これからも、あなたは、

そのままで、いいよ。

心配いらないからね。

 

 

子どもの私が、しっかり私を見て、頷いた気がした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ジャッジしない生き方

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM