JUGEMテーマ:日々のくらし

JUGEMテーマ:こころ

 

 

心理療法や瞑想など、

自分の内面に触れていくことを続けると、

ふと、身体そのものが柔らかくなった感覚に、

気づくようになります。

 

 

それは、残念ながら、急に、

校開脚ができるようになる、とか

ヨガの上級ポーズがとれるようになるなどの、

ミラクルなものとは違うのですが・・

 

 

歩いたり、踊ったり、日常の動作でも、

以前は緊張して固くなっていた、

自分の身体の部分に、気づくようになります。

また、日常の場面でも、

どこに力がかかっているか?に

気づくことが増えてきます。

 

 

筋肉の硬化(緊張)に気づけると、

その部分を意識的に緩めることができます。

気づいたら、

無理のない姿勢を取るようになります。

 

 

自分の身体に起こる状態に、

気づけなければ、

緩めたり整えたりすることはできません。

 

 

歴史ある、斬新的筋弛緩法と言われる

身体のリラックスを導く方法があります。

 

 

これは、

意図的に筋肉を強く緊張させ、

その後、一気に力を抜き脱力させることで、

身体に起こる緊張状態と

リラックス状態の違いを体感していく方法ですが、

この逆バージョンとも言えるでしょう。

 

 

不安や緊張、恐怖が起こる時、

自分の身体がどうなっているか?

に気づきやすくなるのです。

 

 

それは、

いつの間にか身体が、

滑らかになる、とか

しなやかになる、とか、

自分の身体の動きに、制限がなくなるような感覚です。

 

 

身体の制限が緩んでくると、

自分の内面から湧き上がる、

感情や感覚を察知しやすくなり、

それを表現する楽しみが生まれます。

 

 

思考の呪縛から離れること、

少し余裕ができている状態とでもいえるでしょう。

 

 

ダンスは、

身体を使って自己を表現するものですが、

心と身体の繋がりを実感できる、奥深いものでもあります。

 

 

 

私が最近、興味を持って試したものは、

アメリカのGabrielle Rothが考案した、
身体の動きを通じた、

動く瞑想と言われる5リズムといわれるもの。

 

 

フローイング(女性性)
スタッカート(男性性)
カオス(統合)
リリカル(子ども)
スティルネス(内なる霊性)

という5つのリズムを通して、踊ることを、

海の波にたとえ、Wavesと呼ぶそう。

 

 

何だか難しそうですが、ティーチャーが

自然に誘導してくれるので大丈夫です。

 

 

 

下手でも、恰好悪くても全然構いません。

身体の動きたいように、動かしてみる。

 

 

恥ずかしさや、抵抗が現れてきたら、

それに、ただ気づいていること。

そしてまた身体に意識を向けていく。

むしろ、どう見られるか?

恥ずかしい、という自意識から解放される時にこそ、
自分の一番奥深くのセンターに気づく体験になるかもしれません。

 

 

今、一瞬一時に身を任せ、

内から現われるものに抗わずに、そのままに・・・

動きが内側から「出てくる」ことを許していきます。

 

 

自分の内の奥深くと繋がることで溢れ出すものが、

身体を通して現れてくるような体験です。

 

それは、どこか懐かしい感覚であったりもします。

 

 

コロナの関係もあって、

最近は、オンラインで気軽に体験できるので便利です。

 

 

私も最初は、

知らない人同士で集まって踊るなんて、

敷居が高いな〜と感じていましたが、

オンラインなら大丈夫でした。

 

 

誰に見られるわけでもないし、

ふりを覚えることもない。

型はなし!!

 

 

自意識や思考が現れても全然構わない。

そこから離れるのか?そこに留まるのか?

その時に任せればいい。

 

自然に現れる感情や動きに忠実になり、

普段の自意識や、コントロールから離れて、

自分と繋がる体験です。

 

 

また、

無心になること、

続けることで現れる、

とてつもない可能性に触れてくる体験となるかもしれません。

 

 

何が出てくるか?

KIZASHIのセラピーと同じように、

楽しみながら体験してみるのはいかがですか?

 

 


 

JUGEMテーマ:恋愛/結婚

JUGEMテーマ:こころ

 

<愛される女性、モテ女になるには>

<女性は、愛するより愛された方が幸せ>

そんなことを目にする機会ありませんか?

 

 

私は<愛される>のも<愛する>のも、どちらも幸せだと思います。

愛し愛される関係なら更に幸せですけどね。

 

 

そこで、

そもそも<愛される>って、どういう事か?考えてみました。

 

 

まず、自分に関心を持ってもらい、

更に自分の価値を認めてもらい、

大事にしてもらえる事でしょうか・・・

 

 

他に、○○されるという言葉からイメージすると、

相手からもらう事が前提なので、受け身で依存的な状態ともいえるかな?

 

 

もらう事が愛される評価基準になると、

相手から、もらえてないと感じた途端に、

愛情を計るものがなくなり、

不安になったり怒りを感じやすくなるかもしれません。

 

 

でも、相手の言動で愛情を計るって、

落ち着かないし疲れるし、

そもそも、どこまでしてもらったら満足するんだろう??

 

 

<愛されたい>欲求は、これでいいという事がなく、

もっと、もっと・・と際限ないもののようです。

 

 

更に、相手から愛されていたとしても、

自分に愛情を受け入れる器がないと満たされることがないから、

逆に苦しくなると感じます。

 

 

 

では「愛したい」はどうでしょう?

 

 

 

○○したいというのは、自ら望むことなので自立のポジション。

自ら望んでした事を、相手が喜んでくれて、

それを感じて更に自分も嬉しいから、2倍嬉しいという状態。

 

 

これって楽しそう!!

何より自分が主体なので、無理をすることがなさそうです。

 

 

〜ここで、気づく事があります。〜

 

 

自分に関心を持ってもらい、更に自分の価値を認めてもらい、

大事にしてもらえる事が<愛される>事だとします。

 

 

でも、たとえ相手から愛されても、

自分に愛情を受け入れる器がなく満たされないとしたら・・

どうでしょう?

 

 

<愛されたい>前に、

自分自身を愛してあげる事が、必要ではないでしょうか?

 

 

それは、自分に関心を持つことから始まります。

 

 

相手に求めてばかりいる自分に気づく、

受け取ることができない自分に気づくことです。

あなたの内で何が起こっているのでしょうか?

 

 

そこを丁寧に扱い続けていくことで、

相手に過剰に愛を求める必要もなくなっていくでしょう。

 

 

それは

依存から自立へシフトした先にある、

自ら<愛したい><愛してみたい>という、

新しい世界の始まりなのです。

 

 

私は、邦画を好んで見る。

 


思いもよらぬ展開や、ハラハラドキドキ、

といったものも楽しいけれど、

最近は、

音楽で言ったらクレシェンドのように、

 

ゆっくり、ゆったりと盛り上がり、

次第に静けさが戻ってくるようなものが好き。

 

物語の「やま」は、けして派手とは言えないけれど、

その分、奥底まで深く振動するような感覚がある。

 

 

会話が途切れて、動きのない画面。

 

その間(ま)と、

一緒にいることで起こってくる、ワクワク感がいい。

 

 

 

静寂 無音 空間 に気づくと、

聴覚、触覚、嗅覚が敏感になるようだ。

 

 

間と間

 


慣れ親しんだ、沢山の情報、刺激から離れて、

静けさの中に溶け込むことで起こること。

 

 

静けさは怖さでもあり、

興奮でもあるようだ。
 

 

 

 

 

 

緊張とリラックス。

この繰り返しは、私達の身体に日々おこっています。

 

緊張状態にある時は、

汗をかいたり、心臓がドキドキしたり、筋肉に力が入り固くなったり。

 

 

では、どんな時にその状態が起こるのでしょう?

 

 

それは、

仕事に集中している時、怖い体験をした時、怒りを感じている時、興奮した時、

楽しい時、好奇心や冒険心をくすぐるものに遭遇した時、

感激したり、不安や不快を感じる時。

 

 

楽しいドキドキ、ワクワクなら、感じていても苦にならないけれど、

苦しみを伴うようなドキドキが続くのは苦しいものです。

 

 

例えば、

疲れているはずなのに眠れなかったり、

他者から言われたことが後から思い出されて、好きなことをしても楽しくなかったり・・・

こんな風に緊張状態が続いたら、神経の休まる暇がありませんよね。

それは、とても疲れるし苦しいものであると思います。

 

 

 

緊張とリラックス。

この両方を行き来し、バランスを取るよう身体はできています。

 

 

 

では、リラックスしている時って、どのような状態でしょう?

身体では一体、何が起こっているのでしょう?

 

 

それは、

眠気を感じる。

呼吸がゆっくり深い。

筋肉が緩んでいる。

手足が暖かい。

心拍が落ち着いている。

など、緊張状態で感じた事とは、反対のことが起こっています。

 

 

では、その状態は、どんな時に起こるのでしょう?

 

 

それは、ホッと一息ついている状態。

自然に力が抜けて心地良さを感じる時です。

そんな環境にある時、それが起こっている感覚です。

 

 

色、匂い、音、味、触感

五感を使って、身体の内側で得られるものです。

実際にいま、対象がなくても、イメージできればOKです。

 

 

そんな、自分だけの脱力を発見すること。

どんな些細なことでも構わないので、是非、沢山見つけてあげて下さい。

 

 

人によっては、リラックスすることを許せない自分に気づくかもしれません。

緊張状態が続いていることに気づけたら、まずは呼吸に意識を向けて下さい。

 

 

私達は、ふだん無意識に呼吸をしていますが、

自分がいま、どのような呼吸をしているか?

に気づけば、呼吸の質や回数をコントロールすることができます。

 

 

息を吐く時には、副交感神経が働きます。

お臍の下の丹田を意識して、止めることなくゆっくり細く息を吐き切ってみて下さい。

吐き切ると自然に息を吸い込む準備が整っているはずです。

副交感神経の働きが高まり、交感神経とのバランスがとれるように、もともと身体はできているのです。

 

 

リラックスしている時は安心でいられる時。

 

 

安心安全な環境におかれることができなかった、と感じられる方にとって、

緊張が緩んでいる自分に気づけるようになること、それが基本です。

 

 

セッションを行う上でも、自分の安心感を知っていること。

それは大きな力になります。

苦しさや不安に遭遇しても、何度でもそこに戻れば良いのですから。

安心安全な感覚をチャージできれば、人は、自然に新たな探索行動に出かけることができるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

連日の報道を見ていて気づくこと。

 

安倍さんの布マスクは少し小さめかな。

絵本のゾウくんのマスクみたい。

どうせなら、見本となるつけ方をしてほしいな〜〜

 

逆に、立派なマスクをしていても、

肝心のお鼻が隠れていなかったり、

お話する時に、マスクを顎まで下げている方も見かけるけれど。

ん〜

 

 

大切なマスク、どうせするなら効果的に使いたい。

 

 

マスクは、しっかり鼻を覆って、顎までかかる大きさがあれば安定します。

着脱時は紐を持って、表面は触らないようにね。

外したマスクを置くときは、口鼻に接触していた面を上向きに置きましょう。

 

 

これは、医療で言われる清潔・不潔の観念に通じるところです。

 

 

目に見えないもの(ウイルス)に対する、取り扱いの注意点というものが結構あるのです。

 

 

これから、軽症・無症候の自宅療養者が増える可能性に伴って、

お家で、お世話をする方も増えるかもしれません。

 

 

医療従事者だけでなく、誰もが知っておくと、感染のリスクを最小限に抑えることに繋がります。

 

 

見やすくてわかりやすいハンドブックをみつけました。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日々のくらし

JUGEMテーマ:それでも続く日々……の中で。

 

 

マスクに対してのエビデンスの有無は様々言われるところですが・・・

 

顔を覆うことで粘膜、鼻、口に触れる機会は少なくなるし、喉の潤いを保つ効果は確かにありそう。

どちらもウイルスから粘膜や気道を守ることには貢献してくれるかな↑↑

 

 

そうそう💡

昨日の都知事の布の柄マスク(。・ω・。)ノ♡

スカーフと密かにリンクさせていたようで、とてもオシャレでした。☆彡

 

 

最近は、手作りマスクが沢山出ています。

 

 

布マスク以外にも、サージカルマスクと合わせてつけるインナーマスク、マスクカバーなるものもあります。

 

 

こんな時だからこそ、色々試してみるのも楽しい。

手作りキットも目にします。

 

 

お裁縫が得意な方、うらやましいな〜〜〜

JUGEMテーマ:こころ

 

私が、好んで良く見るテレビ番組。

 

それは、衛星写真に写る、日本各地の人里離れた場所にある建物を、

実際に訪れて探していく、というアレだ。

(最近は、個人情報保護に対する疑問等、色々言われているようですが・・)

 

人里離れた山奥に、一体どんな家があるのだろう?

ほんとに人は住んでるの?空き家?

最初は、そんな好奇心から見始めた。

 

 

目的の場所に向かうため、まずは、最寄りの集落で聞き取り調査を行う。

人気番組の効果?か土地柄か、仕事中でも手を止めて、快く聞き取りに応じる人々。

中には、自分ではわからないから・・・と、別に詳しい方を呼んできたりもする。

更には、自ら案内役を買って出る方も多い。

そこには、ゆったりとした時間が流れている感覚がある。

 

 

たどり着くまでの道のりも、これまたハラハラさせられる。

舗装されていない曲がりくねった山道や、

対向車が来たら、どうしよう・・と心配になる位の細い道、

ガードレールもなく続く道の脇は、すぐ崖!!だったり、

道路には落石が転がっていたり、と

何しろ、とんでもない道を進んで行くのだ。

 

 

この時点で、すっかり自分が探検隊にでもなった気分。

ひやひや、ドキドキしながら、目的地を目指す。

 

 

困難を乗り越えて、ようやく到着!!

ホッとすると同時に、次は住人の確認だ。

せっかく訪ねても、実際には、空き家や廃墟だったりすることもある。

(個人的に廃墟、好きです。)

そんな時には、他のポツン・・を紹介してくれたりもして、

更なる目的地を目指して、また進んで行くことになる。

 

 

そんなこんなで、

ようやく、その家の主にお会いすることができた時は、こちらもホッと一安心。

さあ、ここからが本番!!

どんな人が、どのような理由でそこに暮らしているのか?

その人の生きてきた人生の物語に触れていく時間となる。

 

 

人それぞれ様々な物語があるが、

人里離れた場所での生活に、不便さと困難を抱えながらも、

生まれ育ったこの場を離れることをしない、

というより、

離れること自体考えられない、というのが皆さんの本音のようだ。

高齢になっても、子ども達が離れても、今は山を下りて暮らしていても、

その方にとっては、ただ生まれ育った場所にいるのが当たり前、ということのようだ。

 

 

誰かと一緒でも、誰かがいなくなっても、一人でも、

ただ生きていく。

 

 

それは、当たり前の日常、暮らしの風景でもある。

 

 

人生の物語を作るのはいつも自分。

 

 

傍から見れば、信じられない事であっても、

その人にとっては、特別なものでもない。

 

 

生きるということが、今のそのままあるだけ。

 

 

そのシンプルで自然な姿に、何故か、ふと懐かしさのようなものを感じたりもする。

本来、人間の持つ強さや逞しさにも触れる気がして、何だか元気になる。

 

 

 

たとえポツンと、であっても、大自然と人、人と人が繋がって、同じ時を生きている。

そんな自然な結びつきに心惹かれるから、つい見たくなってしまうのかもしれないな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:それでも続く日々……の中で。

 

♪何が正しいか知らない、何が楽しいか知ってる♩

こんな歌がありましたが・・・

 

他者の反応や評価ばかりを気にしたり、頭で考える日々を送る事が普通になると、

もともと備わっている気づく力、感じる力が鈍くなっていきます。

 

私は、何をしている時が楽しいか?気持ちが良いか?

時間を忘れて没頭できるか?毎日しても飽きない事は?

しばらく離れても、また始めている事は?

何か当てはまるもの、ありましたか?

 

 

そこに禁止や縛りは必要なく、それが何に結びつくとか、意味を見出さなくてもいいのです。

ただ単純に「自分が喜んでいる」という感覚を味わえること。

 

 

自分が喜ぶことなので、周りには理解されなくても当たり前。

むしろ、他者と違う自分を発見できるなんて素敵です。

 

 

本音を大事にできると、インスピレーションも冴えてきます。

自分を変えることではなく、

自然に湧いてくる心地よさを感じ、身を任せる体験をすることで、

先入観や、こだわりのない、本来持つ力が現れやすくなると感じます。

 

 

だから、

やりきってください、

感じきってください、

どうぞ、

楽しみ尽くしてください。

 

 

 

私は、SNSが苦手だ。

 

特にグループチャットの類。

グループは友人、職場、母親同士と色々。

 

複数のメンバーで、リアルタイムに質問や返事ができるから、とても便利な反面、

私にとっては結構、困ることもある。

 

まず、誰に言っているのか?がわかりにくい。

そして、文字のやり取りが続くことで現れる、暗黙の了解みたいなものがわからず、

戸惑ってしまうことも多い。(-_-;)

 

 

相手の表情が見えない分、

文字から微妙な意味合いや、発信者の意図を想像してしまうことに疲れてしまう。

1対1ならまだしも、複数となると更に難しさは倍増する。

 

 

1番困るのは、

自分が、どのタイミングで返事をしたらよいかが、わからないこと(´;ω;`)

 

迷っているその間にも、次々と入るメッセージ。

ピンポーン!ピンポーン!と通知音の嵐!!

 

わ〜〜

どこで入ろう?と軽い焦りを感じたりもする。

ん??

入るタイミングを見計らうこの感じは、

小学生の時の大縄跳びに似てる!!笑

 

 

そんな些細なこと?に、不自由さを感じる自分に気づく。

 

 

こんな風なので、子育てでも色々、悩むことが多かった。

特に、親同士の関係については気苦労も多かった。

 

 

周りが、何気なくできることが私にはできない、という劣等感が自分を苦しめていたこともあったし、

親はこうあるべき、という思い込みの強さがあったのだと思う。

それが、不安や孤立感を作っていた。

 

 

他者との比較で生まれる苦しさは、

自分の中にある、沢山の自分を知るきっかけだ。

そこに丁寧に光を当てていくことで、

それぞれ持つエネルギーが方向づけられて、本来の力を取り戻していける。

 

 

自分を苦しめるものは、私の1部分であって、私の全てではないことに気づいていく過程。

どれもが生かされて調和することによって、

自分の中心に位置する、堂々として慈しみに満ちた尊い存在を知ることになるだろう。

 

 

今日は成人の日。

子どもにとっては、親の庇護から離れ、

1人前の成人として権利を得られると同時に、義務を果たす責任が生じる。

親にとっては、子どもの成長や発達を通して、

自分を見つめる日でもあると思う。

 

 

これからも、子どもであることには変わりはないけれど、

同じ時を生きる仲間として、私なりに見守り続けていくね。

 

 

 

 

 

 

先日、久々に旅行してきました。

 

初めて訪れた山口県。

大自然に囲まれた歴史ある観光名所が豊富にあり、

食べ物やお土産、温泉等、何をとってもハズレなし。

見てよし、食して良し、買って良しの大満足な旅となりました。

 

 

今回、楽しみにしていた1つ、元乃隅神社

2015年にアメリカのテレビ局CNNが発表した「日本で最も美しい場所31」のひとつに選ばれた場所で、

海外から注目され人気がでたという神社です。

日本海を望む自然の中に、丘から海に向かって朱塗りの123本の鳥居が立ち並ぶ姿は絶景!!

まさしく、「映える〜↑↑」スポットでもあります。

更に面白いのは、この神社。

何と鳥居の上にお賽銭箱が設置されています!

賽銭箱の位置は5メートルの高さ。「日本一入れにくい賽銭箱」として有名だそうです。

また、賽銭箱の大きさも小さい!!

訪れた観光客が次々と賽銭の投げ入れに挑戦
(長門市ホームページから画像お借りしました。)

 

 

お賽銭は投げてはいけないって聞いていたので、驚いたけれど、

皆さん、お賽銭を空中に放って、もう必死でした。笑

でも案外、的中率高くて、それも驚きでしたけど。

上手く入れば周囲から拍手喝采!!

何とも、ほのぼのとした空気が流れていましたよ。

時間がなく、私は断念しましたが、その代わりに、鳥居のトンネルをくぐって、しっかりパワーいただいてきました!

 

鳥居のトンネルを抜けた先にある断崖は、竜宮の潮吹きといわれる場所。

波が洞に入り込むことで吹き上げる豪快な様子を、運が良ければ見られるようです。

 

 

角島大橋

本州と角島を結ぶ全長1780メートルの橋。

エメラルドグリーンの海に架かる橋は絶景。

奈良時代より天皇に献上されていたという、角島のわかめは肉厚で美味しかったです♡

 

 

 

萩の城下町

夏みかん

大正時代、当時の皇太子、後の昭和天皇が萩にお見えになった時、「この町には香水がまいてあるのか」と言われたとか。

香りのおもてなし、なんて何とも素敵ですよね。

また、夏みかんは、前年になった実を収穫しないでおくと、今年は今年の実がつき、同じ木に前年と今年の両方の実がつくそうです。その様子を、代々続くという意味で「夏代々」と名付けたとか。

物知りなバスガイドさんがお話してくれました。

 

 

 

秋芳洞

日本最大規模の大鍾乳洞。

長い年月をかけて、地下水などによって石灰岩が少しずつ溶かされ生まれる空間。

中は、1年を通して17℃で一定とか。

自然の力が生み出した芸術の数々ともいえる光景。

巌窟王

威厳のあるお姿。

 

地下世界の宮殿のよう。

 

異空間、まるで無意識の世界のようで、軽いトランス状態に。

 

 

 

秋吉台

国定公園に指定されている、石灰岩が拡がる広大な台地から望む雲海

 

 

錦帯橋

 

宇野千代さんの故郷、岩国市にある日本三名橋のひとつ。

木造の5つの橋が連なる構造で、中央の3つがアーチ状の美しい橋でした。

岩国寿司もおいしかったです。

次回は、岩国城と金子みすゞ記念館にも行ってみたいな。

 

温泉で定評のある長門市で、高級感ある温泉旅館やリゾートホテルを展開する企業が来年、オープンする施設があるようで、

これから、ますます注目を浴びることになりそうです。

 

個人的にも、住んでみたい都道府県ランクインの上位となった、魅力あふれる大満足な旅となりました。

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ジャッジしない生き方

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM